“大社長”テリー伊藤 ゴーン容疑者チクリ「僕はみんなにもうけてもらいたい」

[ 2018年11月21日 13:33 ]

「から揚げの天才 梅屋敷店」オープニングセレモニーに出席したテリー伊藤
Photo By スポニチ

 番組コメンテーターでタレントのテリー伊藤(68)が21日、自身が“大社長”として新たにオープンする「から揚げの天才 梅屋敷店」(大田区大森西)の開店セレモニーに出席した。

 から揚げと玉子焼きの専門店で、梅屋敷店が1号店。テリーの実家は築地で玉子焼き専門店を長年営んでおり「商売人の家に生まれているので、いつか商売をやりたいと思っていた」といい「世代を超えて愛されている玉子焼きとから揚げを合体させてお弁当を作ること自体が天才だな。日本人が好きな普遍な人気商品を作って、喜んでもらいたい」とアピールした。1号店を梅屋敷にした理由は「こういう商店街が好き。下町の匂いが肌に合う」と説明した。

 今後の事業展開については「何店舗は自分で出したい」としつつも「それ以降は軌道に乗れば、みんなに稼いでもらって幸せになってもらいたい」とフランチャイズ展開を視野。3年で100店舗、5年で300店舗が目標で「参加してもらう人には、みんなに幸せになってほしい。ゴーンさんみたいに一人でもうけるんじゃなくて…。僕はレジを打つわけじゃないから、ごまかすことはできないので」と金融商品取引法違反(有価証券報告書の虚偽記載)の疑いで逮捕された日産自動車会長のカルロス・ゴーン容疑者(64)にチクリ。

 どんな人に食べてもらいたいか?との問いには、から揚げと玉子焼きの“二刀流”ということで、エンゼルス・大谷翔平投手(24)の名前を挙げつつも「カルロス・ゴーンさんですね。今、美味しいものは食べてないと思うので、たくさん食べていただきたい。まだまだ隠し財産あると思いますので」とニヤリ。「いつ出てくるか知りませんが、出てきたら、最初に食べてもらいたい。自動車業界はたくさんの知り合いがいるので、聞いてみます」と不敵な笑みを浮かべた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2018年11月21日のニュース