女優・江波杏子さん死去 76歳 「女賭博師」シリーズで「昇り竜のお銀」

[ 2018年11月2日 14:39 ]

江波杏子さん
Photo By スポニチ

 「女賭博師」シリーズの「昇り竜のお銀」などで親しまれた女優の江波杏子(えなみ・きょうこ、本名・野平香純=のひら・かすみ)さんが肺気腫(慢性閉塞性肺疾患)の急性増悪のため、10月27日に死去した。2日、所属事務所が明かした。76歳。東京都出身。

 事務所によると、江波さんは先月26日に体調不良を訴え、午後2時に都内の病院に緊急入院。しかし回復することなく翌27日夜に息を引き取った。

 江波さんは長年肺気腫を患っていたが、日常生活には支障がなかった。先月22日までNHKのラジオドラマを収録していたほか、11月以降から来年にかけて、届いていたドラマのオファーに応えるべく、スタッフともミーティングを重ねていた矢先の訃報となったという。

 1960年に「明日から大人だ」でデビュー。「女賭博師」シリーズで「昇り竜のお銀」として人気を博した。73年には「津軽じょんがら節」でキネマ旬報主演女優賞を獲得。近年では人気シリーズ「相棒」「ごくせん」などにも出演した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2018年11月2日のニュース