黒木華 10年後の自分へ「好きな人たちと好きなことを」

[ 2018年11月2日 06:07 ]

舞台あいさつに出席した黒木華と野村周平
Photo By スポニチ

 黒木華(28)と野村周平(24)が主演する映画「ビブリア古書堂の事件手帖」(監督三島有紀子)が1日、公開初日を迎え、都内で舞台あいさつが行われた。

 本が過去と現在をつなぐという物語のテーマにちなみ、出演者は10年後の自分に向けたメッセージを披露。「好きな人たちと好きなことを」と書いた黒木は、「無理はしたくない」と意図を説明。野村は「落ち着いてますか?」として「落ち着くなよという意味で書きました」と話した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2018年11月2日のニュース