「なな色マジック」の漫画家・あさぎり夕さん死去 62歳 重い肺炎から回復かなわず…

[ 2018年11月2日 16:44 ]

 「なな色マジック」などで知られる漫画家で小説家のあさぎり夕さんが10月27日に62歳で死去した。2日に公式サイトで発表された。葬儀・告別式は近親者で行った。

 公式サイトは「あさぎり夕は平成30年10月27日永眠いたしました。重い肺炎からの回復がかなわず62年余の生涯を閉じました」と訃報を伝え「昭和51年の漫画家デビュー以来42年にわたりあさぎり作品を愛し支えてくださった皆さんに深く感謝いたします。ありがとうございました」と読者に感謝のメッセージを送った。

 公式サイトによると、あさぎりさんは1976年に講談社の第12回なかよし・少女フレンド新人漫画賞に入賞し、受賞作の「光めざして飛んでいけ」が同社のなかよしに掲載されてプロデビュー。87年には「なな色マジック」で第11回講談社漫画賞を受賞した。その後、漫画原作や小説の執筆を始め、ボーイズラブ作品を多く手掛けた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2018年11月2日のニュース