いきものがかり「恐縮ですが」1年10カ月ぶり活動再開を生報告!ラジオ1曲目は「じょいふる」

[ 2018年11月2日 20:00 ]

いきものがかりの(左から)水野良樹、吉岡聖恵、山下穂尊(16年撮影)
Photo By スポニチ

 男女3人組「いきものがかり」が2日、J―WAVEの生放送特番「AVALON〜事件です!いきものがかり集牧(しゅうぼく)宣言〜」(金曜後8・00)に生出演。3日から1年10カ月ぶりに活動を再開すると生報告した。

 メンバー個々の活動に力を入れ、リフレッシュしようと、昨年1月に「放牧」と表現して活動を休止。期限を決めずにゆっくりと休み、結成記念日の11月3日に「集牧」と題して再始動する。

 番組オープニングで3人は「こんばんは。いきものがかりです!」「こんばんは!どうもどうも」とあいさつ。リーダーの水野良樹(35)が「ネットニュースでも紹介していただきました。大変恐縮ですが、活動再開ということで集牧宣言です」と生報告した。活動再開後初のラジオ披露曲では「じょいふる」を流した。

 3人は2日、バンド公式サイトで活動再開を正式発表。「放牧期間のあいだ、メンバーはソロ活動をはじめ様々な活動や勉強の場を広げました。さらにパワーアップした「いきものがかり」を皆さんにお見せするべく活動を再開します」と説明した。

 活動休止中も支えてくれたファンクラブ会員に感謝の気持ちを届けるため、グループ名義で初めて作詞、作曲した新曲「太陽」を収めたCDを無料で2日から順次送付。来春には同会員を対象とする全国ツアーを開催する。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2018年11月2日のニュース