コブクロ 御堂筋に“凱旋” 11月4日に御堂筋ランウェイに参加

[ 2018年8月31日 17:07 ]

11月の「御堂筋オータムパーティー2018 御堂筋ランウェイ」へ参加することを発表したコブクロの黒田俊介(右)、小渕健太郎(左)、(中央は松井一郎大阪府知事)
Photo By スポニチ

 9月に結成20年を迎えた「コブクロ」の黒田俊介(41)、小渕健太郎(41)が31日、大阪府庁を訪れ松井一郎知事(54)を表敬訪問。11月4日に開催される「御堂筋オータムパーティー2018 御堂筋ランウェイ」に参加することを発表した。

 小渕は「今年で結成20年。戎橋がボクたちの拠点だった。御堂筋の付近で“いつかは日本一になりたい”と夢を見ながらストリートライブをしていた。堂々と御堂筋でライブできるとは名誉なこと」と感無量の面持ち。黒田も「大阪の皆さんに感謝の気持ちでいっぱいです」と大喜びだ。大阪のメインストリート・御堂筋にコブクロが“凱旋”する。

 堺市出身の黒田と宮崎市出身の小渕が20年前、ストリートミュージシャンとして路上ライブを始めたのが大阪・堺。その後、メジャーになっていったが、2人の起源である大阪への感謝の気持ちを伝えるため「御堂筋ランウェイ」に登場。御堂筋のど真ん中に設けられた特設ステージ上で「スペシャルライブ」を届ける。松井知事も「コブクロのお二人が来てくれれば100万人は超えるんじゃないかな。今から楽しみ」と期待を込めた。

 昨年は大阪万博誘致PRのためダウンタウンの松本人志(54)、浜田雅功(55)が参加。また、荻野目洋子(49)がバブリーダンスで話題となった府立登美丘高校ダンス部の生徒らとコラボしてヒット曲「ダンシング・ヒーロー」を歌い、踊った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2018年8月31日のニュース