【明日9月1日の半分、青い。】第132話 和子の手紙を読んだ律は大阪へ 弥一は鈴愛に感謝の気持ち

[ 2018年8月31日 13:00 ]

連続テレビ小説「半分、青い。」第132話の1場面。鈴愛(永野芽郁)に感謝の気持ちを伝える弥一(谷原章介)(C)NHK
Photo By 提供写真

 女優の永野芽郁(18)がヒロインを務めるNHK連続テレビ小説「半分、青い。」(月〜土曜前8・00)は9月1日、第132話が放送される。

 和子(原田知世)が亡くなり、2カ月。鈴愛(永野)は生前の和子から預かっていた記録帳を律(佐藤健)に手渡す。律はそこに挟まっていた最期の手紙を見つけ、和子からのメッセージをかみ締める。そして、律は離れて暮らしているより子(石橋静河)と将来の話をするため、大阪に向かう。その日、弥一(谷原章介)は珍しく1人でつくし食堂を訪れ、和子が亡くなって以来、律を支えてくれたと、感謝の気持ちを鈴愛に伝える。

 朝ドラ通算98作目。フジテレビ「素顔のままで」「ロングバケーション」「空から降る一億の星」やTBS「愛していると言ってくれ」「ビューティフルライフ」「オレンジデイズ」など数々の名作を生み“ラブストーリーの神様”と呼ばれるヒットメーカー・北川悦吏子氏(56)のオリジナル脚本。岐阜県と東京を舞台に、病気で左耳を失聴した楡野鈴愛(にれの・すずめ)が高度経済成長期の終わりから現代を七転び八起きで駆け抜ける姿を描く。

 【+α】永野は8月31日、NHK「あさイチ」(月〜金曜前8・15)に生出演。最も印象に残るシーンの1つとして、鈴愛が離婚して岐阜の実家に戻った夜、布団に大の字になり、一筋の涙が流れた場面を挙げた。「本番直前に監督から『閉じていた目を開けたタイミングで涙を流してほしい』と言われて。セリフもないと、目を閉じている中で考えて涙を流すのは難しいと思って『涙が出る気がしないです』と言っているうちに、本番が始まっちゃって。パッと目を開けて天井を見た時、自然と涙が出てきて」と明かし「『あ、私は本当に、ここを家として鈴愛としてずっと生きているんだなぁ』と思ったことに、また感動して泣いて。『あ、鈴愛で今、生きているんだぁ』と思いました」と振り返った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2018年8月31日のニュース