Hey!Say!JUMP8人体制初ライブ 偶数でセンター不在も全員がソロ曲歌唱で魅せた!

[ 2018年9月1日 04:00 ]

 Hey!Say!JUMPが31日、全国ツアーの開幕公演を東京・武蔵野の森総合スポーツプラザメインアリーナで行った。岡本圭人(25)の米演劇学校留学に伴い、8人体制になって初のライブ。新曲「BANGER NIGHT」で幕を開けた。

 人数が偶数になったことでセンター不在のフォーメーションとなったが、それがより各自の魅力を際立たせた。全員がソロ曲を歌唱するグループ初の試み。新体制への意気込みをその背中で示した。

 開演前には山田涼介(25)、知念侑李(24)、中島裕翔(25)が取材に対応。中島は「人数が減ったからといってボリュームダウンさせるつもりはないし、青春みたいなこと言いますけど、圭人への気持ちを一人一人持ちながらやりたい」と意気込んだ。

 近日中にも渡米する岡本からはこの日朝、グループメールで8人に「ケガのないようにライブがうまくいくことを祈ってる」とメッセージが届いた。知念は「僕が一番に早く返した」とアピールしつつ「おのおのが心を込めた返信をしていました」と話した。

 6月に岡本が留学を発表した際、残る8人は「自分たちは命懸けでグループを守り大きくするから、帰る場所がないくらいの覚悟を持って学んできてほしい」と激励した。この日は、自身初となる東京、大阪、名古屋、福岡での4大ドーム公演を12月1日から来年1月20日にかけ行うことも発表。山田は「来年4月には平成も終わるが、平成をジャンプして、新しい元号でもさらにステップアップして大きくなりたい」と力を込めた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2018年8月31日のニュース