PR:

日テレ系熊本県民テレビ 梅原幹社長の解職を正式発表 ハラスメント行為が倫理規定違反 本人反省

 日本テレビ系列の熊本県民テレビ(熊本市中央区)は16日、臨時取締役会を開き、梅原幹社長を解職し、片岡朋章会長が社長を兼任する役員人事を発表した。

 梅原社長の退任は女性社員へのセクハラなどが原因だと一部メディアが報じていた。

 同局によると、社内調査の結果、梅原氏のハラスメント行為が社内倫理規定に違反すると認定され、社長職の解職に至った。今回の人事により“ヒラ”の取締役になり、職務の担当はない。ハラスメント行為の詳細については、被害者のプライバシーを守るため、同局は「お話しできない」とした。

 今年3月に社内通報があり、事態を把握。梅原氏本人に事実確認。諸手続きを取り、この日、臨時取締役会を招集した。梅原氏は事実を大筋で認め、反省しているという。

 今回の騒動に、同局は「今回の事態を重く受け止めており、信頼回復に全力を尽くしたいと考えております」とした。

 梅原氏は元日本テレビのプロデューサー。ドラマ「星の金貨」シリーズや「行列のできる法律相談所」などの人気番組を手掛けた。昨年6月、熊本県民テレビ社長に就任した。

[ 2018年4月16日 15:10 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(芸能)

      ※集計期間:10月17日03時〜04時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      芸能情報

      アニメ研究部

      ランキング

      コラム&情報

      アイドル