池上彰氏 退局の有働アナに辛口のエール「簡単に“ジャーナリスト”を名乗ってほしくないな」

[ 2018年4月7日 05:30 ]

記者会見に臨んだ池上彰氏
Photo By スポニチ

 元NHK記者でジャーナリストの池上彰氏(67)が6日、都内で、8日にスタートするテレビ東京「池上彰の現代史を歩く」(8日は後6・30、15日以降は隔週日曜後7・54)の記者会見に登場した。

 現代史を分かりやすく伝える番組。池上氏のNHK時代の同期で、ナレーターを務めるフリーの宮本隆治アナウンサー(67)も登壇。先月末にNHKを退局した“後輩”有働由美子アナ(49)へのエールを求められると、2人は「来ましたね〜」と笑顔。宮本アナは「今は2人ですが、いずれは3人でやりたい」と有働アナの合流を期待した。

 有働アナは退局に当たり「ジャーナリストとして生きていきたい」とコメント。宮本アナは「池上彰を意識して“女池上彰”を目指してるんじゃないかと、先輩として思います」と推測。すると池上氏は「ジャーナリストとしては、そんなに簡単に“ジャーナリスト”を名乗ってほしくないなと受け止めました」と辛口のエールを送った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2018年4月7日のニュース