「西郷どん」現場で笑いが…北川景子「目の前に又吉さんの顔 いい夫婦になれる確信あった」

[ 2018年4月7日 08:00 ]

NHK大河ドラマ「西郷どん」での、北川景子演じる篤姫と又吉直樹演じる徳川家定の初対面シーン
Photo By 提供写真

 NHK大河ドラマ「西郷どん」の8日の放送で、女優の北川景子(31)演じる篤姫とお笑いコンビ「ピース」の又吉直樹(37)演じる徳川家定が初対面する。北川は「又吉さんのキャスティングを聞いた時点で、いい夫婦になれる確信があった」と相性の良さをアピールした。

 初対面シーンは篤姫のお輿(こし)入れの場面。北川は「私がかごを降りた瞬間、目の前に又吉さんの顔があって、お互いに“わっ!”と驚く。コミカルに描かれていて、撮影現場で笑いが起きた」と説明。又吉について「個性があって独特のオーラがある。私と並んでいる姿は楽しいと思う。出会いから別れまで見どころです」とアピールした。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2018年4月7日のニュース