岡田紗佳 バニーガールで“役満ボディー”披露 初写真集出来は「親の倍満」

[ 2018年4月7日 14:09 ]

初写真集「muse」の発売記念イベントを行った岡田紗佳
Photo By スポニチ

 女流プロ雀士でグラビアアイドルの岡田紗佳(24)が7日、東京・福家書店新宿サブナード店で初写真集「muse」(ワニブックス)の発売記念握手会を開いた。

 東京・新島などで撮影し、お気に入りはバニーガールの衣装を着たショット。「普段できないことをしたい」と自ら要望したもので、「撮影中はノリノリでした」と笑顔で話した。

 あす8日に麻雀の対局を控えている。「大事な試合。勝ちたいので、握手会でみなさんの運を吸い取りたい」とファンの力を背に戦うつもりだ。麻雀にちなみ写真集の出来映えを「麻雀の点数で」と聞かれると、「親の倍満の2万4000点です。役満(3万2000点、親は4万8000点)と言っちゃうと、これより上がないので」とユーモアたっぷりに答えた。

 1メートル70のスレンダーボディー。だが「運動は一切してない。運動アレルギーなので」。高校2年生時に体育の授業中に顔がパンパンにふくれ、救急車で搬送された経験もあるという。そのため運動はせずに、「ストレッチで体を柔らかく。熱いお風呂にも長く入ってます」と秘訣を明かした。“役満ボディー”と称されることには、「自分では顔はゴーニー(5200点)、体は役満だと思ってます」と自虐的に話して笑わせた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2018年4月7日のニュース