「KEN☆Tackey」今夏CDデビュー!三宅健&滝沢秀明“おいしい”コンビ

[ 2018年4月6日 05:45 ]

「滝沢歌舞伎2018」初日を迎え、ガッツポーズで意気込みを見せる三宅健(左)と滝沢秀明
Photo By スポニチ

 滝沢秀明(36)が主演・演出を務める舞台「滝沢歌舞伎2018」が5日、東京・新橋演舞場で初日を迎えた。来月13日まで上演する。

 06年の初演から13年連続の舞台。劇中では今年で3年連続出演となるV6の三宅健(38)と、ユニット「KEN☆Tackey」として、今夏に新曲「逆転ラバーズ」でCDデビューすることが発表された。16年に三宅が初出演して以来“ケンタッキー”コンビと呼ばれ3曲の持ち曲があった。待望のデビューに滝沢は「ファンの方の(要望の)声が凄くあったので、お待たせという感じ」と笑みを浮かべた。

 ジャニーズ事務所内で、異なるグループに所属するタレント同士で組んだシャッフルユニットは、ヒットを多く輩出している。04年、KinKi Kidsの堂本剛(38)とTOKIOの国分太一(43)が結成した「トラジ・ハイジ」は「ファンタスティポ」が、初動売り上げ約20万枚でオリコン初登場1位を記録。05年に結成されたKAT―TUN亀梨和也(32)と山下智久(32)による「修二と彰」は、「青春アミーゴ」がミリオンを突破し社会現象になった。

 この日、お披露目された「逆転ラバーズ」はアップテンポなノリのいい楽曲で、サビの「Can touch it」「Can take it」の歌詞は“ケンタッキー”と聴こえる印象的な仕上がり。三宅は「2年前の初出演のとき“おいしい関係になれたら”と話したが、CDデビューできるなんて」と大喜び。滝沢は「楽しい気持ちになれる曲。歌番組にもおいおい出られたら」と抱負を語った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「純烈」特集記事

2018年4月6日のニュース