【明日4月7日の「半分、青い。」】第6話 “恋愛の神様”が新境地 母娘の会話で感情揺さぶる

[ 2018年4月6日 13:00 ]

連続テレビ小説「半分、青い。」第6話の1場面。晴(松雪泰子、右)は娘の鈴愛(矢崎由紗)に糸電話をめぐる、ある秘密を話す(C)NHK
Photo By 提供写真

 女優の永野芽郁(18)がヒロインを務めるNHK連続テレビ小説「半分、青い。」(月〜土曜前8・00)は7日、第6話が放送される。

 糸電話の実験に成功した鈴愛(矢崎由紗)たちだったが、誤って律(高村佳偉人)が川に落ちてしまう。ぜんそくを患う律を案じ、鈴愛は律を背負って家に届けるが、律の母・和子(原田知世)は、なぜか律を叱り始める。その頃、自転車で転倒した仙吉(中村雅俊)に付き添い、晴(松雪泰子)が岡田医院を訪れる。大事には至らなかったが、院長の貴美香(余貴美子)も仙吉を案じる。夜、晴は鈴愛に糸電話をめぐる、ある秘密を話す。

 朝ドラ通算98作目。フジテレビ「素顔のままで」「ロングバケーション」「空から降る一億の星」やTBS「愛していると言ってくれ」「ビューティフルライフ」「オレンジデイズ」など数々の名作を生み“ラブストーリーの神様”と呼ばれるヒットメーカー・北川悦吏子氏(56)のオリジナル脚本。岐阜県と東京を舞台に、病気で左耳を失聴した楡野鈴愛(にれの・すずめ)が高度経済成長期の終わりから現代を七転び八起きで駆け抜け、一大発明を成し遂げる姿を描く。

 【+α】「恋愛よりも家族を書くことに恥ずかしさを感じるタイプで、ホームドラマをずっと避けてきた」という北川氏だが、何気ないことから始まる晴と鈴愛、母娘の会話に感情を揺さぶられること必至。“恋愛の神様”が早くも新境地を示す。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2018年4月6日のニュース