東京MX「警察の捜査に全面的に協力」西部邁さん自殺ほう助で子会社社員逮捕

[ 2018年4月6日 11:48 ]

 1月に亡くなった評論家西部邁さん=当時(78)=の自殺を手助けしたとして、自殺ほう助の疑いで、東京MXテレビの子会社社員の男(45)が警視庁に逮捕されたことを受け、同局が6日、コメントを発表。警察の捜査への全面協力を約束した。

 逮捕容疑は1月21日、道具を準備し、西部さんを東京都大田区の多摩川付近まで車で連れて行き、西部さんに安全帯などを装着させて、自殺をほう助した疑い。西部さんは同日朝、大田区の多摩川の水中で見つかり、病院で死亡した。河川敷には遺書が残されていた。関係者によると、子会社社員の男は東京MXテレビから出向。西部さんが司会を務めた「西部邁ゼミナール」(終了)のディレクターで、西部さんの信頼が厚かったという。

 同局は「弊社の従業員が、西部邁さんの自殺に関与した疑いがあるとして、警視庁に逮捕されました。本件につきましては、捜査中でもあり、コメントを差し控えたいと思いますが、弊社といたしましては、警察の捜査に全面的に協力していく方針です」とコメントした。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2018年4月6日のニュース