「オメでたい頭でなにより」がヒット祈願「京セラドーム7日間公演、USJでコラボイベントがしたい」

[ 2018年3月29日 16:55 ]

 4月4日にシングル「鯛獲る」でメジャーデビューする男性5人組ロックバンド「オメでたい頭でなにより」が29日、大阪府東大阪市の布施戎神社でヒット祈願を行った。

 バンド名にもデビュー曲にも縁のある“鯛(たい)”を抱えるえべっさん像の出迎えを受けた5人。大阪出身のギター&ボーカル・ぽにきんぐだむは、「こんなに戎神社が似合うバンドはそういない」と豪語した。また、パチューカのFW本田圭佑(31)と「同い年で地元も一緒」と告白。「彼に続けるように大阪のヒーローになって、いつか京セラドーム7日間公演、USJでコラボイベントがしたい」と宣言した後、「伸びしろですね!」と本田のモノマネで笑わせた。

 ビジュアル系エアーバンド「ゴールデンボンバー」の鬼龍院翔(33)が、「自分たちにとってこわい存在」と賛辞を送る注目の異色バンド。ボーカルの赤飯は「インディーズ時代からの“ふざけ倒す”姿勢を変えることなく、まい進する」と誓っていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2018年3月29日のニュース