中学最後の“勝負メシ”は「親子なんばうどん」、珍しく軽め

[ 2018年3月29日 05:30 ]

王将戦1次予選6組準々決勝   ●藤井聡太六段―井上慶太九段○ ( 2018年3月28日    関西将棋会館 )

藤井六段の中学生棋士最後の“勝負メシ”関西将棋会館近くにある「やまがそば」の「親子なんばうどん」
Photo By スポニチ

 藤井の中学生棋士として最後の“勝負メシ”は、対局場となった関西将棋会館近くにある「やまがそば」の「親子なんばうどん」(730円)。鶏肉とネギを卵でとじたうどんで量は普通。量的にがっつりした昼食を取ることも多い藤井にしては珍しく軽めだった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2018年3月29日のニュース