藤井六段 羽生竜王、エンゼルス大谷と五月人形「期待大将」に

[ 2018年3月29日 05:30 ]

人形メーカー「久月」が発表した五月人形「期待大将」。モデルに選ばれたのは(手前から)将棋の藤井聡太六段、野球の大谷翔平選手、将棋の羽生善治二冠
Photo By 共同

 5月の端午の節句を前に、人形メーカー「久月」が28日、今年の活躍が期待される人物をモデルにした五月人形「期待大将」を東京都台東区の本社で公開した。

 モデルとなったのは最年少プロ棋士の藤井聡太六段、永世7冠を達成した羽生善治竜王(47)、米大リーグ・エンゼルスに入団し投打の「二刀流」に挑戦する大谷翔平(23)の3人。いずれもよろいを着たりりしい姿で、藤井六段と羽生竜王は将棋盤と駒が手前に置かれ、大谷はエンゼルスの帽子をかぶり左手にグローブを持っている。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2018年3月29日のニュース