香取慎吾「おじゃMAP」最終回3時間SP視聴率5・6% 6年の歴史に幕

[ 2018年3月29日 09:00 ]

香取慎吾
Photo By スポニチ

 元SMAPの香取慎吾(41)がMCを務めるフジテレビの「おじゃMAP!!」(水曜後7・00)の最終回が28日、3時間SPとして放送され、平均視聴率は5・6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが29日、分かった。前回7日放送の6・0%から0・4ポイントの微減となった。

 「おじゃMAP!!」は2012年1月にスタート。香取とアンタッチャブルの山崎弘也(41)が日本各地を訪れるバラエティー番組。香取が草なぎ剛(43)と稲垣吾郎(44)とともにジャニーズから独立して初めて放送された昨年10月4日の回には、草なぎが出演。同12月20日の放送回には、稲垣が出演し話題になった。

 最終回は香取と山崎がサプライズ訪問した視聴者宅から生放送でスタート。メイン企画は2人が弾丸で訪れた「ベネチア2人旅」の模様を放送し、終盤には速水もこみち(33)、ヒロミ(53)、安田成美(51)、伊藤淳史(34)、キャイ〜ン、内村光良(53)ら過去の番組出演者とドラマ共演者がビデオレターで2人をねぎらった。

 ラストは香取が「6年間皆さまありがとうございました!おじゃMAPありがとう!めちゃくちゃ楽しかったぜ!フジテレビありがとう!」と感謝。6年の歴史に幕を閉じた。ネットでは放送中から「生放送で始まってびっくりした」「お疲れ様でした。まだまだ見たかった」「こちらこそありがとう」など視聴者から感謝と惜別の声があがった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2018年3月29日のニュース