吉本芸人×ノーベル平和賞 「住みます芸人」生かし地方の窮状打破

[ 2018年3月29日 08:20 ]

株式会社「ユヌス・よしもとソーシャルアクション」設立にあたり会見したムハマド・ユヌス氏(左から3人目)は山口智充(左)、ダイノジ大谷ノブ彦(左から2人目)らとディスカッション
Photo By 提供写真

 吉本興業が、06年にノーベル平和賞を受賞したバングラデシュの経済学者ムハマド・ユヌス氏(77)と提携して設立した新会社「ユヌス・よしもとソーシャルアクション(yySA)」の概要発表会見が28日、都内で行われた。

 過疎地域における高齢化など地方の問題を打破すべく、47都道府県に住み込み活動する「住みます芸人」を生かし、地元住民とコミュニケーションを深め窮状を打開することが狙い。母国の貧困軽減に寄与してきたユヌス氏は「笑いには人の心をつかむ力がある。他の国でもヒントになるだろう」と力説した。

 会見には吉本芸人も出席。ゆりやんレトリィバァ(27)は、「地元の奈良の伝統工芸が後継者不足で、ユヌスさんと同じ不安を抱えていた」と、いつもは見せない真剣な面持ちで語った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2018年3月29日のニュース