井上九段 弟子の勝利に続いた「このまま活躍続けて」エールも

[ 2018年3月29日 05:30 ]

王将戦1次予選6組準々決勝   ○井上慶太九段―藤井聡太六段● ( 2018年3月28日    関西将棋会館 )

王将戦1次予選で井上九段に敗れ、対局を振り返る藤井六段
Photo By 共同

 藤井との初対局を前に、井上は「一方的な展開にならないよう粘り強く指そうと思っていた」と振り返る。厳しい指し手を繰り出し途中で感触がよくなったと勝因を分析した。

 弟子の菅井竜也王位や昨年の名人戦挑戦者・稲葉陽八段はともに藤井に公式戦で勝利しており、師匠の井上も2人に続いた。終局後は将棋ブームを盛り上げた藤井に「このまま活躍を続けてほしい」と激励も忘れなかった。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2018年3月29日のニュース