松坂桃李 映画「娼年」で「7〜8年分の濡れ場」濡れ場指導で副業に意欲?

[ 2018年3月29日 10:00 ]

映画「娼年」で過激な濡れ場を披露する松坂桃李(右)と冨手麻妙(C)石田衣良/集英社 2017映画「娼年」製作委員会
Photo By 提供写真

 俳優の松坂桃李(29)が主演を務め、鬼才・三浦大輔監督による性描写も注目される映画「娼年」は4月6日に公開される。松坂と三浦監督が本編の半分以上を占めるセックスシーンを振り返った。

 原作は、2001年の直木賞候補にもなった作家・石田衣良氏の同名恋愛小説。性の欲望をありのままに描く刺激的な内容に加え、さまざまな女性たちと体を重ねて向き合い、自らも成長と変化を遂げる主人公の娼夫リョウの姿を繊細に紡ぎ、多くの女性から共感を集めた。

 16年8月に三浦監督演出、松坂主演により舞台化され、一糸まとわぬ出演者の熱演が大きな反響を呼んだ。困難と言われた映画化に、2人が再びタッグを組んだ。

 今作の演出について、三浦監督は「1つ1つの行為によって、どういう感情が沸き起こり、それを積み重ねることによって、人間と人間の間にどういうコミュニケーションの形が生まれるのか。丁寧に細かく、その解像度を高めて描いていきました」と説明。

 そのため、全セックスシーンの画コンテを事前に作成し、それを基にスタンドイン(撮影の準備のために俳優の代理をする人物)によるビデオコンテも作り上げた。さらに、松坂ら出演者による入念なリハーサルを実施。俳優の身体の動きを事細かくシミュレーションし、カメラ位置を徹底的に検証した。

 「ここまで精神的に追い込まれた現場は初めてかもしれません」と吐露した松坂を、小西啓介プロデューサーは絶賛。

 「俳優・松坂桃李の役者魂と人間・松坂桃李のメンタルの安定感に驚かされました。当然と言えば当然ですが、これはちょっと…という気の迷いがほんの少しでも出たら、この役はできないと思います。丸1日延々とセックスシーンの撮影が続いても、時には卑猥な台詞を吐いたり過激な描写があっても、何一つ、一切ひるまず黙々と取り組む。一方、そういった肉体的にハードなシーンが続く中でリョウという人物のセンシティブな感情の揺れ動きも見事に表現している。本当に大変だったと思います。リョウが娼夫の仕事を全うしていることと、松坂桃李が俳優として役を全うしていることが、現場を見ていると見事にシンクロしていて感動しました」

 松坂は今作で「7〜8年分の濡れ場をやった感じです」。昨年10月に公開された映画「彼女がその名を知らない鳥たち」の撮影現場においては、舞台版「娼年」の経験から、白石和彌監督やキャスト陣に「濡れ場の先生」と呼ばれていたといい「濡れ場のプロフェッショナルとして、副業を見つけたかな。濡れ場監督とか。出演するのではなく、アクション監督のように監修が必要なところで呼ばれるみたいな。殺陣師?いや、濡れ場師!!エンドロールに松坂桃李とあって『あれ?どこに出てた?』って。“濡れ場指導 松坂桃李”とか」と軽やかに笑った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2018年3月29日のニュース