TBS「監獄のお姫さま」がギャラクシー賞月間賞「見たことのないドラマ」

[ 2018年1月22日 16:00 ]

TBSドラマ「監獄のお姫さま」に出演した(左から)坂井真紀、夏帆、満島ひかり、小泉今日子、菅野美穂、森下愛子。後方は伊勢谷友介
Photo By スポニチ

 昨年10月期に放送されたTBS火曜ドラマ「監獄のお姫さま」が「ギャラクシー賞12月度月間賞」を受賞した。

 宮藤官九郎の脚本で注目を集めた同作。ギャラクシー賞の選評は「現在のほぼ1日の出来事に過去のエピソードを挟み込む構成や、女たちを翻弄した男を全て伊勢谷友介に代表させる見方など、脚本と演出が切り離せないほど見事に絡み合い、最後まで疾走感を失わずに楽しませてくれた」「小泉今日子、満島ひかりら俳優陣の演技には目が釘付けになるが、なかでも第9話の、殺されたユキが憑依したかのような菅野美穂の演技は特筆すべきものがあった。おばさんのおせっかいが肯定された最終回も感動的だった」と評価している。

 プロデューサーの宮崎真佐子氏は「宮藤官九郎さんの素晴らしい脚本と、おもしろいところをとことん笑わせ、哀しいとこをはしっかり泣かせてくれるキャストの皆様のお芝居が合わさって、今まで見たことのないようなドラマができたと思っています」とコメントした。

 12月度はほかに、日本テレビ「NNNドキュメント’17『記憶の澱』(12月3日放送、制作・山口放送)、10月期のフジテレビ“月9”「民衆の敵〜世の中、おかしくないですか!?〜」、10月期のテレビ朝日昼帯ドラマ「トットちゃん!」が月間賞に輝いた。

 「ギャラクシー賞」は放送批評懇談会が日本の放送文化の質的な向上を願い、優秀番組・個人・団体を顕彰するため1963年に創設。批評活動の一環とし、自主的に番組を推奨する「月間賞」を運営している。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2018年1月22日のニュース