シルク 交際相手は年商20億円 さゆり「この世のすべてを手に入れた感じの方」

[ 2018年1月22日 14:54 ]

大阪市内で行われた「よしもと47シュフラン2018」の選考試食会に参加したシルク
Photo By スポニチ

 タレントのシルク(年齢非公表)が22日、昨年12月にスポニチが報じた交際1年の年下実業家について、経営している会社の年商が20億円であることを明かした。

 同日、大阪市内で行われた、4年目を迎えた全国のご当地商品応援プロジェクト「よしもと47シュフラン2018」の選考試食会に参加。“美容番長”の異名を持つだけに、美肌効果のあるお茶をイチ押し商品としてあげながら、報道陣の質問に答えた。1年前にカリブ海ツアーで出会ったが「向こうにも会社があるしね」と海外にも営業拠点を持つやり手だとも明かした。

 阪神淡路大震災後に一緒に住むなど仲のいい、夫婦漫才コンビ「かつみ・さゆり」のさゆり(48)は相手と面識があるらしく、「すごい男前で、この世のすべてを手に入れた感じの方。(外見も)純日本風じゃない」と説明。その話を聞いて、島田珠代(47)が、シルクから写真をメールで送ってもらった人物が彼氏だと気が付いたようで「え〜っ!」と相当な男前ぶりに驚いていた。

 2007年に交際が発覚した元オリックス監督のテリー・コリンズ氏(68)と10年に破局後、薬剤師、医師など一回り以上年下の若い恋人との浮き名を幾度となく流してきた。いつになく慎重な雰囲気に、報道陣から、今回こそ結婚?との質問も飛んだが「いやいや、わかんないけど…頑張ります」と笑顔で順調な交際ぶりをアピールしていた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2018年1月22日のニュース