AKB総選挙の会場公募 指原「熱心に盛り上げてくれるところに」

[ 2018年1月22日 05:31 ]

AKB48グループの第3回ドラフト会議の1巡目で当たりくじを引き、喜ぶHKTの指原莉乃
Photo By 提供写真

 AKB48グループの「第3回ドラフト会議」が21日、東京ドームシティホールで行われ、候補生68人のうち55人が指名を受けた。

 会議終了後、今年の総選挙の開催場所は海外も含めて公募することを発表。例年開催している6月に屋根付きの大会場を確保するのが難しいためで、詳細は後日公表予定。HKTの指原莉乃(25)は「横山由依の実家には屋根があるよね!?」と冗談を飛ばしつつ、「熱心に盛り上げてくれるところに決まるといい」と期待した。

 今回の会議は、各チームのファンが動画ストリーミングサービス「SHOWROOM」を利用して選択希望を決めるシステムを導入。1巡目で、SKEの矢作有紀奈(22)の妹・矢作萌夏(15)が3チーム重複指名となり、AKB・チームKが当たりくじを引いて交渉権を得た。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2018年1月22日のニュース