橋下徹氏、ネット冠番組スタート 政界復帰望む声や好きな曲は?に即リプ

[ 2017年10月27日 09:35 ]

「橋下徹の即リプ!」に出演した橋下徹氏(C)AbemaTV
Photo By 提供写真

 前大阪市長の橋下徹氏(48)が26日、AbemaTV「橋下徹の即リプ!」(木曜後10・00)の初回放送回に生出演した。

 世間の様々なツイートに直接リプライ(返信)するSNSを使った新しい討論番組。放送開始前に“橋下徹に言いたいこと、聞きたいこと”を番組公式ツイッターで募集。進行役の「サバンナ」高橋茂雄(41)とスタッフが、投稿されたツイートの中から、気になる“つぶやき”をピックアップ。橋下氏本人が返信した。

 冒頭は、ツイッター上で“日本維新の会の衆院選総括と党代表選が必要”と主張した丸山穂高氏(33)の話題に。丁寧な言葉遣いをする丸山氏が、普段とは異なる“くだけた”文体で投稿。「大阪と日本がよーなるかどうかが全て。それ考えたらどう考えても維新は総括と代表選が必要。若造に言われんでも代表は言うだけの人ちゃうし、ちゃんとやりまっせですね、失礼をば。」とつぶやいた丸山氏に橋下氏は激怒。総括や代表選に関しては「総括をすれば良いし、代表選を求めれば良い」と丸山氏の主張を認めた上で、「言い方が問題。一番苦労をしているトップに一定敬意を表すべき」と問題点を明記して丸山氏のアカウントにリプライした。

 番組では、尊敬するタレントの故やしきたかじんさんとの思い出について語る場面も。“やしきたかじんさんの曲で好きな曲を教えて下さい”というツイートには「やっぱ好きやねん、あんた、東京。」と反応。“国会議員として政治家・橋下徹が生き返る事はありませんか?”という政界復帰を望む声には「ほんまに腹立ってどうしようも、もう誰もやってくれへんって話になれば、またそこで燃えるかもです!」と返信した。

 本音をさらけ出した初回放送が終わると、インターネット上には「これ面白い。地上波では放送が難しい話もしている」「たかじんさんの話や島田紳助さんの話はネットならではだな」「やっぱり言い方キツイけど、的を得ている」「サバンナ高橋の話の持っていき方が上手いなと思った」など好意的な声が集まった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2017年10月27日のニュース