藤井四段が48勝目 藤倉勇樹五段下す

[ 2017年10月27日 05:30 ]

銀河戦で藤倉五段と対戦した藤井四段(左)(C)囲碁・チャンネル
Photo By 提供写真

 高校進学の意向を表明したばかりの史上最年少棋士・藤井聡太四段(15)は26日、囲碁・将棋チャンネルで放映された銀河戦本戦トーナメントHブロック1回戦で藤倉勇樹五段(38)を下した。

 先手の藤井は居飛車穴熊に組み、後手の藤倉は三間飛車を採用。終局は111手だった。今対局は9月22日に収録されたもので、藤井の通算成績は48勝6敗。今年度は38勝6敗(未放送のテレビ対局を除く)となった。

 勝った藤井は2回戦で上村亘四段(30)と対戦する。囲碁・将棋チャンネルでの放送は11月23日の予定。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2017年10月27日のニュース