橋幸夫 清水アキラに苦言「いつまでも家族っていう必要ない」

[ 2017年10月20日 13:17 ]

橋幸夫
Photo By スポニチ

 歌手の橋幸夫(74)が20日放送のフジテレビ「バイキング」(月〜金曜前11・55)に生出演。ものまねタレント清水アキラ(63)の三男で、タレントの清水良太郎容疑者(29)が覚せい剤取締法違反(使用)容疑で逮捕されたことについて言及した。

 橋は長年アキラと親交があり、良太郎容疑者にも「2、3回、僕のステージに出てもらった」ことから「ちょっとショックですね」と肩を落とした。「アキラくんとは長い間付き合っているので、記者会見のあと、電話しました」と謝罪会見後にアキラと電話で直接話したことを明かし、「申し訳ありませんって謝っていたけど、難しいなぁ、自分でも“イヤになっちゃいました”って泣いてましたけどね。何とも言いようがない、親子であるだけに…」と厳しい表情で続けた。

 「話し合ったってどうしようもない。法律にひっかかることをしてしまったんだから」と前置きしたうえで、「アキラ本人も言っていたけど、『家族だから』ってみんなに響く言葉だった」とアキラの会見を振り返った橋。「(良太郎容疑者は)結婚もしていて、独立している人間に対して、いつまでも家族っていう必要はないと僕は思う。そういうけじめはきちっとするべき」とアキラの対応に苦言を呈した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2017年10月20日のニュース