坂上忍 安藤優子キャスターに謝罪 「生まれてないんで」年齢トークで失言

[ 2017年10月20日 14:35 ]

坂上忍(左)と安藤優子キャスター
Photo By スポニチ

 俳優の坂上忍(50)が20日放送の「バイキング」と「直撃LIVE グッディ」のリレータイムで、安藤優子キャスター(58)に対して「昨日はすみませんでした」と平謝りし、スタジオから笑いが起こる場面があった。

 坂上は19日の放送で、東京の最高気温が13度に満たないのは60年ぶりとなるとして、冷え込む寒さについて、安藤キャスター、俳優の高橋克実(56)とともにトークを展開した。そんな中、坂上が「僕も克実さんも生まれてないんで…」とまさかの失言。高橋が「もちろん、安藤さんもですよ!」とすかさずフォローをするも、坂上は「えー!そうなんだ!」と再び失言。安藤キャスターは「あと1年ぐらいありますよ」とチクリ。高橋は「そっちはこれで終わるからいいですけど、こっちはこれで始まるんですよ。番組始まって以来寒い」と困り顔を見せて、安藤キャスターも「スタジオがかつてなく冷え込んでおります」と苦笑していた。

 この日の放送でも、大相撲の二所ノ関親方の事故の話から、19日の寒さについてのトークが続いた。番組終了間際、坂上から「昨日はすみませんでした」と切り出し、前日の失言を改めて謝罪。スタジオから笑いが起こった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2017年10月20日のニュース