吉本興業「SDGsについて考え始めた人々」21日からYouTubeで公開

[ 2017年10月21日 04:00 ]

オリエンタルラジオ・藤森慎吾の「感謝」編
Photo By 提供写真

 吉本興業が、貧困・格差など世界の抱える課題解消を目指す開発目標「SDGs」(エスディージーズ)推進のため、よしもと芸人によるPRムービー「SDGsについて考え始めた人々」を21日からYouTubeチャンネルで公開する。

 推進動画はオリエンタルラジオ・藤森慎吾(34)、ケンドーコバヤシ(45)、千鳥ら人気芸人が「SDGs」について語る全27本。藤森は「良い具合に軽さは出ています。でも、地球には身近にできる恩返しがあるので、皆さん、感謝の気持ちを行動で」とPRしている。

 「トレンディエンジェル」の斎藤司(38)と若手女性コンビ「ガンバレルーヤ」のバージョンでは、地球の砂漠化を訴える斎藤にガンバレルーヤが「斎藤さんの頭が地球に見えてきました」とウイットたっぷりに返している。斎藤は「僕の頭を見て、危機感が伝われば!国連と共に訴えていければいいですね」とコメントした。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2017年10月20日のニュース