両足骨折の山瀬まみ、ラジオで1カ月ぶり復帰「ご心配おかけしてすみません」

[ 2017年10月20日 08:30 ]

タレントの山瀬まみ
Photo By スポニチ

 9月21日に両足を骨折し、入院していたタレント・山瀬まみ(48)が20日、パーソナリティーを務めるTBSラジオ「有馬隼人とらじおと山瀬まみと」(金曜前8・30)でおよそ1カ月ぶりに復帰した。

 山瀬は番組冒頭で「お久しぶりです。ご心配おかけしてすみませんでした〜」と元気な声であいさつし、「リスナーさんからのメッセージとか本当に心に染みました。ありがとうございます。ただいま!」と療養中も放送を聴いていたことを明かした。続けて「30数年でこんなに休んだのは初めて。ちょっと太ったでしょ?おむすびみたいな顔になって」とコンビを組むラジオパーソナリティの有馬隼人(39)を笑わせた。

 9月21日に行われた日本テレビ「天才!志村どうぶつ園」の収録前にスタジオセット裏で転倒し、右膝蓋(しつがい)骨と左足第5中足骨の骨折で全治3カ月と診断されていた。当初は自宅療養の予定だったが、翌22日から都内の病院で入院していた。

 月曜から木曜の同時間帯に放送されている同局の「伊集院光とらじおと」の12日放送内でこの日、山瀬が復帰する予定だと発表されていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2017年10月20日のニュース