よしもと西梅田劇場がオープン 芸人総出で成功祈念“いらっしゃ〜い!”

[ 2017年9月25日 12:21 ]

大阪・キタの西梅田地区にオープンした「よしもと西梅田劇場」
Photo By スポニチ

 吉本興業11館目の演芸場「よしもと西梅田劇場」が25日、大阪・西梅田の西梅田スクエア(大阪中央郵便局跡地)で開業し、桂文枝(74)西川きよし(71)中田カウス・ボタンら同社所属芸人が参加した盛大なオープニングセレモニーが行われた。うめだ花月が2008年に閉館となっており、大阪キタ・梅田地区の同社演芸場復活は9年ぶり。

 文枝は03年に閉館した旧うめだ花月で師匠・故五代目桂文枝さんの落語を聞いた直後に同社社員から吉本入りを誘われた思い出を披露。きよしも「妻(西川ヘレン)と知り合ったのも(旧)うめだ花月やった…」と語り出すと、文枝が「これは時間が1時間あっても足りまへんなあ」と制止し、きよしを悔しがらせる場面もあった。

 最後はステージ上で音頭をとった文枝の決めぜりふに合わせ、芸人らが全員で「西梅田劇場へ、みなさん“いらっしゃ〜い!”」と連呼。新劇場の門出を祝い、成功を祈った。

 今後、同日から老朽化による改修のため約3カ月間の休館に入った大阪・ミナミの「なんばグランド花月」(NGK)がリニューアルオープンする12月21日の前日まで「限定!おでかけなんばグランド花月」と題して、芸人によるお披露目公演を毎日実施。以降も様々な公演を行う。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2017年9月25日のニュース