西野カナ「鳥肌立った」平成生まれソロ女性歌手初の東京ドーム公演

[ 2017年9月25日 06:30 ]

女性ソロ歌手では史上10人目となる東京ドームでの単独公演を行った西野カナ
Photo By 提供写真

 歌手の西野カナ(28)が24日、東京ドームでコンサートを行い計4カ所のドーム公演を成功させた。

 日本人女性ソロ歌手が同所で公演するのは10人目で、平成生まれでは初めて。88年の東京ドーム開場の丸1年後に生まれた歌姫は「同じ誕生日で運命を感じた。ここ立った瞬間、鳥肌が立った」と感激。

 気球に乗って会場内を飛び回って歌ったほか、自己最多の13パターンの衣装でも魅了。「トリセツ」「会いたくて会いたくて」「Girls」など、ヒット曲のオンパレード。大阪2公演、東京2公演で計16万人を動員した。

 11月15日にアルバム「LOVE it」を発売する。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2017年9月25日のニュース