山P「コード・ブルー3」撮了に涙 最後はガッキーらと肩を組み…

[ 2017年9月18日 09:36 ]

“月9”「コード・ブルー3」がクランクアップ。花束を受け取る出演者(上は新垣結衣、下は左から戸田恵梨香、比嘉愛未、浅利陽介)(C)フジテレビ
Photo By 提供写真

 俳優で歌手の山下智久(32)が主演を務めるフジテレビ“月9”「コード・ブルー〜ドクターヘリ緊急救命〜THE THIRD SEASON」(月曜後9・00)が15日夜、クランクアップを迎えた。

 6月頭のクランクインから約3カ月。ようやくクランクアップを迎え、「初めて(の『コード・ブルー』)は23歳だったのですけど」と語り始めると言葉を詰まらせ、目に涙を浮かべつつも、笑顔で「感動する!」ともらした山下。「(スタッフが現場を命がけで走りまわる姿を)感じられる大人になれました、『コード・ブルー』を通してあらためて感じられました」とスタッフ、キャスト陣に感謝した。

 同シーンでクランクアップを迎えた新垣結衣(29)、一足先にクランクアップした比嘉愛未(31)、浅利陽介(30)、戸田恵梨香(29)も駆け付け、5人で肩を組んで記念写真を取り合うなど約3カ月を振り返り、名残惜しそうに最後のひとときを共に過ごした。

 ドクターヘリに乗り込む「フライトドクター」たちの姿を中心に描く人気医療ドラマの第3シーズン。1stシーズン(2008年7月期)、2ndシーズン(10年1月期)に続き、7年ぶりに復活。藍沢耕作(山下)ら5人の医師・看護師が10年以上のキャリアを積み、人生の新たな局面に立った。18日放送の最終回は30分拡大が放送される。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2017年9月18日のニュース