タキツバ Mステで休止前ラストパフォーマンス披露

[ 2017年9月18日 18:29 ]

 活動を休止するアイドルユニット「タッキー&翼」が18日、テレビ朝日の音楽番組「ミュージックステーション ウルトラFES 2017」に出演し、休止前最後のパフォーマンスを披露した。

 司会のタモリ(72)から休止について尋ねられた滝沢秀明(35)は「15周年を迎え、個々のスキルアップのために」と説明。今井翼(35)は「変わらず、それぞれの夢を追いかけていきたい。今回の選択が最良の選択であったと、そういうふうに思えるように頑張っていきたい」と話した。

 2人はREALDX(07年)、Venus(06年)、夢物語(03年)の3曲をメドレーで披露。歌唱前に今井が滝沢の左頬にキスするシーンもあったが、歌唱後は特にコメントはなかった。休止期間は未定だが、解散はしないという。

 「タッキー&翼」はデビュー15周年イヤーにあたる今年、タキツバとしての活動は極端に少なく、月にフジテレビの歌番組「FNSうたの夏まつり」にそろって出演したが、コンサートは昨年1月の正月公演以来、行っていない。CDは一昨年12月のミニアルバム「TRIP&TREASURE TWO」以降、リリースしていなかった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2017年9月18日のニュース