ライセンス藤原、小説家デビュー 又吉みたいに「賞欲しい」

[ 2017年9月18日 05:30 ]

初の小説「遺産ゲーム」の出版イベントを行ったライセンス・藤原一裕
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「ライセンス」の藤原一裕(39)が17日、都内で小説家デビュー作「遺産ゲーム」の出版記念サイン会を行った。

 発表機会に恵まれないコントネタを土台にした連作短編集。2014年から書きためて発売にこぎ着けた。処女長編小説「火花」で芥川賞を受賞した「ピース」又吉直樹(37)は後輩。「僕は違うところからスタートしているし、先生(又吉)のような純文学でもないけれど、何らかの賞は欲しい」とひそかな期待を口にした。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2017年9月18日のニュース