17歳の“脚長美人”佐藤梨紗子さんが6762人の頂点に ミス・ティーン・ジャパン

[ 2017年9月18日 05:35 ]

<2018ミス・ティーン・ジャパン決勝大会>特技のヨガを披露する佐藤梨紗子さん
Photo By スポニチ

 「ミス・ユニバース」の妹版コンテスト「2018 ミス・ティーン・ジャパン」の決勝大会が17日、都内で開かれ、東京都出身の高校2年生、佐藤梨紗子さん(17)がグランプリに輝いた。13歳以上17歳以下(来年4月1日時点)が対象で、応募総数は6762人だった。

 7回目を迎える同大会で史上最年長の戴冠。決勝出場者13人の中でも最年長で「自分より下の子ばかりで凄く元気だったので自信をなくしていたけど、優勝できてうれしい」と喜びを語った。賞金は50万円。使い道を聞かれると「カワウソを飼いたい」とユニークな一面をのぞかせた。

 過去には黒木メイサ(29)に似ていると言われたことがあるといい、大会スタッフからは「(AKB48の)渡辺麻友に似ている」の声も上がった美少女。身長1メートル60で股下は「約80センチ」という抜群のプロポーションの持ち主だ。コンテストの応援アンバサダーを務める新川優愛(23)からは「透明感が凄い」と絶賛された。

 自己PRではダンスや歌でアピールする候補者が多い中、ヨガのポーズを披露。「緊張したけど精いっぱいやりました」とはにかんだ。

 憧れの芸能人はモデルや女優として活躍する三吉彩花(21)。同コンテストは、ファッション誌「CanCam」で史上最年少専属モデルとして活躍しているトラウデン直美(18)をはじめ、モデルやタレントらを輩出している。佐藤さんは「雑誌やランウエーで存在感のあるモデルになりたい」と目を輝かせた。

 ◆佐藤 梨紗子(さとう・りさこ)2000年(平12)5月27日、東京都生まれの17歳。好きな教科は数学で、嫌いなのは国語。身長1メートル60、体重44キロ。サイズは上からB84W59H85。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2017年9月18日のニュース