キャバ嬢・夏菜、悪者懲らしめる「演じていて凄く楽しいし、気持ちいい」

[ 2017年9月18日 05:30 ]

妖艶なドレス姿を披露する夏菜
Photo By スポニチ

 女優の夏菜(28)が伝説のキャバ嬢を演じる。インターネットテレビ局「AbemaTV」と朝日放送(大阪)が共同制作するドラマ「ハケンのキャバ嬢・彩華」に主演。

 演じる御倉花は、信用金庫のさえないOL。それが夜になると一変。「一条彩華」が源氏名のキャバクラ嬢として、クラブの客やホステスのトラブル解決に大活躍する。キャバ嬢役は10年ぶりで「演じていて凄く楽しいし、気持ちいい。姿勢や手元の動きなどしぐさに気を付けて演じています」と笑顔。“飲みの場”ならではのゲームを使って悪者を懲らしめていく内容で、「スカッと気持ち良くなっていただけると思います」と話した。

 AbemaTVで10月9日から毎週月曜日の午後10時に放送。関西ローカルの朝日放送では、同15日から日曜深夜0時40分に放送する。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2017年9月18日のニュース