浜田雅功、若くして結婚を決めたワケ 松本は給料10万円でも貯金

[ 2017年6月7日 20:17 ]

ダウンタウンの浜田雅功
Photo By スポニチ

 ダウンタウンの浜田雅功(54)が7日、大阪・毎日放送「ごぶごぶ」(火曜後11・58)に出演。若くして妻・小川菜摘(54)との結婚を決めた理由を語った。

 この日のゲストは、昔からダウンタウンの熱狂的ファンだというドランクドラゴン・塚地武雅(45)。「なぜ人気絶頂の若い時期に結婚を決めたのか?」と浜田へ質問をぶつけた。

 自身について「45歳独身。彼女もいません。気配もない。このまま孤独死の可能性すら…」とボヤく塚地。浜田は「大阪で一人で住んでたけど、洗濯とか飯作ったりするのがめんどくさくなってきて。誰かがやってくれたら楽やなと思った。運とタイミングもあって、その時出会ったのが今の嫁さんだった」と26歳で結婚を決めた理由を語り、塚地を驚かせた。

 また「金銭面の管理」も理由だったとし、昔は「もろたら、もろただけ使ってた」と告白。一方、相方の松本人志(53)は対照的だったとし「この頃から貯金していた。10万しかもらってない時でも貯金してた」と明かした。

 「若くして結婚したことは正解だったか?」という質問には、「子どもが今は(成人して)手を離れている。息子と酒を飲めるようになってるから、それは楽」と回答。「周りにいる人の子どもはみんな小さいから“今から苦労するぞ〜”と思ったりしている」と話して笑わせていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2017年6月7日のニュース