栃木のプリンス児童買春 おばさまキラーの演歌歌手が16歳と…

[ 2017年6月7日 05:45 ]

逮捕された宇都ノ宮晃容疑者(twitterから)
Photo By 提供写真

 女子高生に現金を渡してみだらな行為をしたとして、警視庁世田谷署は6日までに、児童買春・ポルノ禁止法違反などの疑いで、演歌歌手大友勝二容疑者(44)=栃木県那須塩原市=を逮捕した。逮捕は4日。「仕事のストレスを解消するためにやった」と容疑を認めている。

 同署などによると、大友容疑者は那須塩原市の「ホテルニュー塩原」で、「宇都ノ宮晃」という芸名で活動。「栃木のプリンス」と呼ばれ、その人気ぶりはテレビ番組で取り上げられることもあった。

 逮捕容疑は3月25日、下着販売サイトで知り合った当時16歳だった高校1年の少女に、現金4万円を渡し東京都渋谷区のラブホテルでみだらな行為をし、生徒の下着1枚を買った疑い。

 3月下旬、少女が警視庁に別のトラブルを相談し、被害が発覚した。

 ホテル運営会社によると、大友容疑者はフリーの歌手で、ニュー塩原では月平均20回、約40分前後のステージを宿泊客らに披露していた。年配の女性客に絶大な人気を誇り、200人が入れる会場が満杯になることもあったという。

 関係者によると、芸名は「宇都宮」と「日光」から取り、給料ゼロで、客が購入する1本500円のレイの売り上げが「ギャラになっていた」(同容疑者)という。レイが1日100本以上売れる日もあった。運営会社は「契約内容は非公表だが、出演料は支払っていた」と説明している。

 ステージでは演歌、ポップスのほか、客層に応じアニメソングなども披露。軽妙なトークも人気で、背中に「AKIRA」と書いたおそろいのTシャツを着たグループなど毎週のように訪れる熱狂的ファンもいた。同社は「残念なこと。大変驚いている」と話した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2017年6月7日のニュース