処分保留で釈放の田中聖 実家に戻る 無言貫くも深々と5秒一礼

[ 2017年6月7日 11:59 ]

元KAT―TUNの田中聖
Photo By スポニチ

 大麻取締法違反(所持)の疑いで逮捕され、7日に処分保留で警視庁渋谷署から釈放された「KAT―TUN」の元メンバー・田中聖(31)は同日午前11時半ごろ、千葉県内の実家に戻った。集まった約20人の報道陣には無言を貫いたものの、約5秒間、深々と頭を下げた。

 黒のスーツ姿の田中は、報道陣の問い掛けに無言で玄関に向かったが、手前で報道陣に約5秒間、一礼。その後、家の中に入った。首からはタトゥーがのぞいた。

 午前10時15分ごろ、シルバーのワンボックスカーで渋谷署を出た田中は黒いスーツにネクタイ姿。後部座席に座り、神妙な表情で終始うつむいていた。地検は今後、任意で捜査を進めるとみられる。

 田中は先月24日、東京都渋谷区の路上に止めたワンボックスカーで、若干量の乾燥大麻を所持していたとして現行犯逮捕されていた。車内からは大麻の吸引に使う巻き紙も見つかった。調べに対し「自分のものではない」と否認した一方、尿検査では大麻の陽性反応が出た。大麻取締法には使用の罰則はない。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2017年6月7日のニュース