右鎖骨骨折おぎやはぎ小木「バイキング」欠席 電話生出演で「めちゃくちゃ痛い」

[ 2017年6月7日 12:03 ]

お笑いコンビ「おぎやはぎ」の小木博明
Photo By スポニチ

 番組収録中に転倒し、右鎖骨を折ったお笑いコンビ「おぎやはぎ」の小木博明(45)が7日、水曜レギュラーを務めるフジテレビ「バイキング」(月〜金曜前11・55)を欠席した。

 番組冒頭、MCの俳優・坂上忍(50)が「一匹いません。いつも3匹なのに」と、本来いる小木の不在を説明。直後、電話で生出演すると、心配する出演者に「すみません、行けなくて」と謝罪した。

 シンガポールロケで負傷したことを伝え「(痛みは)まだめちゃくちゃありますよ。電話してる場合じゃない」と毒づいた小木。現地では治療してもらえず、そのまま飛行機に乗ったため機内では「(骨が)動いていた」という。帰国後手術したことも明かし「日本はいいですね」としみじみ話した。

 復帰については「僕次第ですね。決めちゃうと何かとめんどくさいので」としたが、これには相方の矢作兼(45)から「長く休んでいたいだけだろ」とダメ出しされる場面も。最後に坂上から「お大事に。待ってますから」と労りの言葉を掛けられても「行けるときに…」と答えるなど、最後まで飄々とした口調だった。

 小木は4日、旅企画で訪れたシンガポールでの収録中にプール内でバランスを崩して転倒。現地の病院で診察を受けたところ骨折していた。5日朝に帰国し、都内の病院で再受診した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2017年6月7日のニュース