パンクバンド「アナーキー」ギタリスト逸見泰成さん死去、57歳

[ 2017年6月7日 05:30 ]

 80年代に人気を博したパンクバンド「アナーキー」のギタリストとして活動した逸見泰成(へんみ・やすなり)さんが6月4日に亡くなったことが6日、分かった。57歳。埼玉県出身。東京・高円寺の洋品店のブログで発表された。死因は明かしていない。通夜は11日午後6時30分、葬儀・告別式は12日午前9時から、いずれも東京都板橋区舟渡4の15の1、戸田葬祭場=(電)03(3966)4241=で営まれる。

 アナーキーは過激な歌詞で人気に。逸見さんは同じ名字の女優辺見マリ(66)にちなんだ「マリ」の愛称で、中心メンバーとして活躍した。7月2日には都内で再結成ライブを行う予定だった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2017年6月7日のニュース