田中聖容疑者 すさんだ生活「金に困ってアメ車売った」 全身タトゥーも「自分で入れている」

[ 2017年5月27日 09:05 ]

田中聖容疑者
Photo By スポニチ

 大麻取締法違反(所持)の疑いで警視庁渋谷署に逮捕されたKAT―TUNの元メンバー田中聖容疑者(31)が26日、同署から送検された。一方、逮捕時に大麻とともに所持していた巻き紙の一部に使用した痕跡があったことが判明。田中容疑者は「自分でブレンドした巻きタバコを吸っている」と供述している。

 また、田中容疑者が最近、周囲に「お金に困っていてアメ車を売りさばいた」と話していたことも分かった。同容疑者は13年にジャニーズ事務所から解雇された後、14年10月にロックバンド「INKT(インク)」を結成。インディーズでの活動を行っていた。一方、KAT―TUN時代に携わっていた港区西麻布のバーなどの経営から手を引いていた。周囲は「田中容疑者のアメ車好きは有名だった。よほどお金に困っていたのだろう」と指摘。全身のタトゥーについて「田中容疑者から“自分で入れている”と聞いた。節約なのか、ポリシーなのか分からないが、凄いなあと思った」と語る人もいる。知人の一人は「最近は、かなりすさんだ生活を送っていたのではないか」と話している。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「純烈」特集記事

2017年5月27日のニュース