米団治7・27独演会 父・米朝さんの持ちネタ3席披露へ

[ 2017年5月27日 05:43 ]

自らの名前の入った出来たての暖簾と桂米団治
Photo By スポニチ

 落語家の桂米団治(58)が26日、大阪市内で独演会(7月27日、大阪・サンケイホールブリーゼ)の発表会見を開いた。

 今回は「看板の一」「鹿政談」「猫の忠信」という、一昨年に亡くなった父親の人間国宝、故桂米朝さんの持ちネタ3席を披露する。米団治襲名から節目の10年目と還暦を迎える来年に向けて、「やり残したことをいろいろやる。米朝落語をもう一度見つめ直す」と気合を込めた。

 全国を巡る落語会ツアーを早ければ来年秋にもスタートさせることも発表した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2017年5月27日のニュース