重盛さと美、番組出演NGにされた大物司会者の名前告白 関西弁で…

[ 2017年5月27日 21:17 ]

重盛さと美
Photo By スポニチ

 タレントの重盛さと美(28)が27日放送のフジテレビ系「めちゃ×2イケてるッ!」(土曜後7・57)に出演。かつて大物司会者に番組出演をNGにされたと告白した。

 「めちゃイケ」メンバーが、一流企業の新入社員に対して心に残るスピーチができるか挑戦する新企画で、ナインティナインの岡村隆史(46)、オアシズの光浦靖子(46)らが参加。「洋服の青山」でお馴染みの青山商事株式会社やサマンサタバサ、ソフトバンク、JRAを訪問し、大企業の新入社員研修でスピーチを行った。

 重盛はソフトバンク新入社員の前でスピーチ。芸能界デビュー時の苦労話を赤裸々に語った。2007年、19歳で福岡から上京。最初はうまくいかないことばかりで、ある番組では大物司会者に「収録中にお前なんで芸能界入ったん?」「お前なんか絶対売れへんから芸能界やめろ」と説教され、その後はその大物司会者が担当する番組には出演できなくなったという。

 「芸能界に向いていないのかな…」と悩んだが、その後は努力を重ね、27時間テレビで「めちゃイケ」メンバーと大物司会者が共演する企画では、岡村が「おもろいやんけ!」と褒めてくれたのが励みになったと話した。

 当時の心境を思い出したのか、涙をこらえながらスピーチを続ける重盛。最後に「気持ちの作り方、気持ちのあり方次第で自分の人生は変えられる」と自身が芸能界で学んだ教訓を新入社員に送った。

 スピーチのラストが近づき、気が緩んだのか、「(島田)紳助さんに嫌われたあと、生まれ変わって頑張りました」と2011年に芸能界を引退した島田紳助さん(61)の名前をぶっちゃけてしまい、別室で映像を見ていた極楽とんぼの加藤浩次(48)は「ダメだよ(放送)事故だよ!」と驚いていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2017年5月27日のニュース