酒井藍、新喜劇初の女性座長 30歳最年少「ドッキリちゃうかと」

[ 2017年5月27日 05:30 ]

大阪・天王寺の「生國魂神社」で吉本新喜劇の新座長就任祝い祈願する酒井藍
Photo By スポニチ

 吉本興業の“藍ちゃん”は新境地に臨む。吉本新喜劇の酒井藍(30)が初の女性座長に就任することが決まり、26日に落語など上方芸能発祥の地、大阪・生國魂神社を参拝した。1959年に「吉本ヴァラエティ」としてスタートした新喜劇。99年に座長制度が固定化され、最年少の就任でもあった。

 座長就任は10日、なんばグランド花月(NGK)での単独イベント終了後、酒井に通達された。「足の裏をコチョコチョされてフワフワした感じ。ドッキリちゃうかと思った」。同席した座長の小籔千豊(43)からは「頑張りや。でも、調子に乗ったらアカンで」と祝福された。

 実家の両親へもすぐに電話連絡。「何よりもうれしかったのは、新喜劇の女性座員の先輩や後輩たちが喜んでくれた」とし、若井みどり(72)末成由美(70)浅香あき恵(60)未知やすえ(53)らの名前を挙げた。週に2回は泊まりに出かける森田まりこ(36)や宇都宮まき(35)は泣いて喜んでくれたそうで、「私も泣いてしまった」と明かした。

 酒井は2007年9月に吉本新喜劇「第3個目金の卵オーディション」に合格し、入団した。ぽっちゃりキャラで「ブーブー。ブーブー。私、人間ですねん」などのギャグで人気者に。入団10年目、06年に32歳で座長に就いた小籔を抜く史上最年少の座長となる。また、山田スミ子(66)や未知らが単発、短期公演で座長を務めているが、レギュラーでの女性座長も史上初めてだ。

 現在の座長は内場勝則(56)辻本茂雄(52)小籔、川畑泰史(49)すっちー(45)の5人で、酒井の新座長就任公演が7月26日から31日までNGKで開催され、6人態勢となる。「就任公演は1日3、4回。ヒザが爆発しないよう、しっかり柔軟体操をして臨みたいと思います」。100キロ超と言われる巨体を揺すって笑わせた。

 ◆酒井 藍(さかい・あい) 1986年(昭61)9月10日生まれ、奈良県田原本町出身の30歳。生駒高から専門学校を経て奈良県警に就職。交通課で窓口業務をしていた。2007年9月に吉本新喜劇「第3個目金の卵オーディション」に合格し、奈良県警を退職して吉本新喜劇入りした。1メートル63、100キロ。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2017年5月27日のニュース