染五郎×高橋大輔“氷上決戦” 歌舞伎とフィギュアが初融合

[ 2017年5月21日 05:30 ]

氷上のショーを終え、歓声に応える市川染五郎(手前左)や高橋大輔(同右)ら出演者
Photo By 共同

 史上初となる歌舞伎とフィギュアスケートを融合した氷上のショーが20日、東京・国立代々木競技場で行われ、2006年トリノ冬季五輪女子金メダリストの荒川静香や10年バンクーバー五輪男子銅メダリストの高橋大輔、歌舞伎役者の市川染五郎らが共演して会場を沸かせた。

 荒川は持ち前の表現力を生かして華麗に舞い、高橋は色鮮やかな衣装をまとって切れのある剣さばきやステップを披露。勧善懲悪の物語で、クライマックスでは悪役の染五郎がスケーティングをしながら高橋と剣で“対決”した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2017年5月21日のニュース