来年大河「西郷どん」の注目株・堀井新太、風間杜夫の“叱咤”胸に充実一途

[ 2017年5月21日 08:00 ]

堀井新太インタビュー(下)

舞台「少女ミウ」に出演する堀井新太。来年のNHK大河ドラマ「西郷どん」で村田新八を演じる若手注目株
Photo By 提供写真

 2014年後期のNHK連続テレビ小説「マッサン」などで注目を集める俳優・堀井新太(24)が舞台「少女ミウ」(21日〜6月4日、東京・下北沢=ザ・スズナリ)に出演する。作・演出は鬼才・岩松了氏(65)。「新しい発見がたくさんある演出を受けています」と稽古に汗を流した。放送中のTBS「3人のパパ」(水曜後11・56)で民放連続ドラマ初主演し、来年の大河ドラマ「西郷(せご)どん」への出演も決まったブレーク候補。「マッサン」で父子を演じた風間杜夫(68)の言葉を胸に、役者道を突き進む。

 映画「ウォーターボーイズ」(01年)の妻夫木聡(36)にあこがれ、高校3年の時、オーディションに参加。3万人の中からグランプリに選ばれ、芸能界入りした。俳優集団「D―BOYS」に所属し、15年にはNHK連続テレビ小説「マッサン」、大河ドラマ「花燃ゆ」、TBS「下町ロケット」などに出演。頭角を現してきた。

 TBS「3人のパパ」は座長。「周りのことも気に掛けないといけないし、第1話を作る時の難しさはすごく感じました。僕の芝居で物語が動いていくので、どういう芝居を選択したらいいのか、その塩梅が難しかったです。たくさん学ばせていただいて、芝居や自分について客観的に見られるようになったと思います。視野が広くなった感じがします」と振り返った。

 デビューから7年。あこがれは“形”になったが「人に恵まれた人生だというのを、つくづく感じます。僕は基礎を学んで、この世界に入ったきたわけじゃありません。出会う人、出会う人に優しく教えられ、愛を持って堀井新太に向き合っていただけたから、今の自分がいるんだと思います。本当にそこしかありません」と感謝した。

 ターニングポイントの1つは「マッサン」。ニシン漁の網元・森野熊虎(風間)の息子・一馬役を好演し、反響を呼んだ。「先輩方の偉大な後ろ姿を見させていただいて、自分もそうなりたいという思いが強く芽生えた作品です」。風間からは「おまえ、下手くそだな」と言われたというが、愛情の裏返し。「下手くその後に『オレが下手くそと言ったヤツは必ず売れるんだよ』とおっしゃっていただいて。一番グッと来ました。それを信じて頑張っています」と風間の叱咤激励を胸に刻んでいる。

 芝居のおもしろさは「マッサン」の時も、あまり分かっていなかったという。「本当に今じゃないですかね。今ですね」と“今”を繰り返し「これまで携わってきた作品に後悔はないんですが、反省点はたくさんあります。『もっとやれた』という思いは一生なくならない気がしますし、一生勉強だと思います。今は自分が経験して培ってきたものを、引き出しとして少しは提示できるようになってきたので、そういう瞬間はすごく楽しいです」と充実のさなかにある。

 今後については「第一は作品のために役割を全うできる役者に、作品のためにピタッとハマれる何にでも染まれる役者になりたいです。作品のために尽くした結果、見てくださる方に『アイツじゃなきゃダメだよね』と思っていただけるように」と展望。鈴木亮平(34)が西郷隆盛を演じる来年の大河ドラマ「西郷(せご)どん」で、隆盛の弟分・村田新八役に抜擢された。鹿児島弁などハードルは高く、今夏のクランクインを前に「テンパっています」としながら、体重を増減して役作りする鈴木を見習い“肉体改造”に取り組む構え。さらなる飛躍が期待される。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2017年5月21日のニュース