獅童、術後の肺活量低下は否めず…森田医師「リハビリが重要に」

[ 2017年5月21日 05:30 ]

中村獅童 肺腺がん公表

羽田空港に到着した中村獅童
Photo By スポニチ

 手術後の肺機能について、医療ジャーナリストで医師の森田豊氏は「9割は戻ると説明を受けているようだし、日常生活への影響はほとんどないでしょう」と推測する。

 ただ、しばらくは肺活量の低下は否めず「息が切れたり、息を吐き出す勢いに影響が出る可能性はある」とみる。歌舞伎の舞台は地声で、声の出し方も独特のため「手術後のリハビリが重要になるのでは」と話している。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2017年5月21日のニュース